コピー品に注意

買取以前の、購入の際に気をつけるべきことが、偽物・コピー品を購入しないようにすることです。人気が高いこともあり、他の高級ブランド品同様、エルメスにおいてもどうしても偽物は製作されがちです。特に近年では、偽物といえども、かなり本物に似せた、いわゆるスーパーコピーと呼ばれる商品も出回っています。もちろん、正規店で購入できれば、完全にこういった商品を購入してしまうリスクはなくせます。しかし、「ケリー」や「バーキン」といった商品は正規店ですら扱いがほぼないため、他の店で購入するケースがほとんどであり、それだけ偽物を購入してしまう失敗をする可能性が高くなります。以下の点を十分チェックしておくとよいでしょう。

まずはバッグにつけられたカデナ(南京錠)を確認して下さい。本物よりコピー品の方がやや大きめで、本物と比べると表面の光沢なども粗さが目立ちます。また、かぎ穴も本物の方が複雑な形状で精巧に作られているため、穴が単純なつくりをしている場合は注意した方がよいでしょう。

また、バッグに使われるスナップボタンからも、本物とコピー品の違いが表れる場合もあります。柄が入っている本物のスナップボタンと対照的に、コピー品には柄が入っていません。また、ボタンやファスナーに書かれる文字も、本物は細かく丁寧ですが、コピー品はやや太く、乱暴な印象を受けます。

このように、遠目で見ると本物と偽物の違いはあまり分からないようになっていますが、職人がプライドをかけてすべて手作業でつくっているエルメスのことですから、細部になると、やはり違いは歴然としてくるようです。購入する際にはエルメス職人の細かい仕事まで眺めてみることが大切です。